隙間だらけの手抜きエアコン工事を気密処理してみた

DIY

こんにちは、こんばんは、おはようございます。どうも、おてんとくんです。

皆さん、隙間だらけのお家ってどう思います?

夏はジメジメした空気が、冬は冷たく乾いた空気が入ってきますよね。

快適にしたい為に付けたエアコンも隙間があれば当然効率が悪くなります。

ただ、エアコンって室内機と室外機を繋ぐ配管を通す為に壁に穴あけが必要なんです。

その穴が塞がれておらず、隙間風が入っておりました。

外壁に開けた穴は粘土で埋めてあるんです。見てました。

室内側はスペースが狭く施工しにくいからなのか、そのままだったんです。

外から穴を埋めたつもりになってるエアコン工事業者。

実際は外壁と断熱材の間に通気層と呼ばれる隙間があって、通気層から家の中に空気が入っていたんです。

「通気層」ってかっこよく?言ったって、空調されていない外気です。

家の中に入れば夏は暑く、冬は冷たい空気です。

そして、この取り付け方が恐らく一般的に行われているため、知らず知らずの内に穴あき住宅に改悪されていることが有るかも知れません、この小さな隙間からGが入り込むかも?

では、対策方法を紹介いたします。

先ずは、隙間の確認方法。

第三種換気の場合、先ず準備として、給気口を全て閉めて下さい。

各部屋にこのようなパッコンと呼ばれる物がついております。

次に、家にある全ての換気扇を回してください。最も強力なのがキッチンにある換気扇です。これは最大出力で運転します。

すると、家の中の空気は外に出されるので、当然隙間から空気を取り入れます。

配管が通っている穴に手を当ててください。外気の感じがしたら気密処理されておりません。冬だと冷気が当たるのでわかりやすいです。

また、フィルターを通していない外気が入っているので、付近は汚れ、手が少し黒くなりました。

第一種換気の場合でもキッチンの換気扇を最大で回せば、家の中は負圧になるはずなので判ると思います。(同時吸排気型は除きます)

我が、おてんと家ではビュービュー隙間風がありました。

そこで、エアコンパテと呼ばれる粘土で穴を塞ぎます。

粘土を隙間に詰め込みます。

過剰な程粘土で穴を塞ぎました。というか、粘土を余らせても仕方ないので200g全て使いました。

裏の隙間には指が入らず、ヘラを使い詰めました。

だいぶハミ出てますが💦

再び、換気扇全開。エアコン配管穴からの風はなくなりました。

気密処理完了。これで、エアコン効率少しは良くなるかな?

難易度は低く、省エネとなるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

でわでわ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました