洗濯槽をオキシクリーンで掃除してみたの巻

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。おてんとさんです。

天気が悪いし、コロナ怖いしで、どこにも出かけられないので洗濯槽の大掃除!!

先日、洗濯槽クリーナーで掃除したばかりなのに、洗濯するたびに、ピロピロ黒いものがつく(-.-)

なぜだ?と色々調べると、オキシクリーンで洗濯槽を掃除すると良いとの記事を発見!!

早速、購入。

100均で網も買って準備万端。

まず、洗濯機の電源を入れ、50度から60度のお湯を洗濯槽に溜めます。

洗濯機のなかの汚れキャッチしてくれるネットは外しました。

その方が、洗濯槽の裏にこびりついている黒いピロピロが出やすいのかな。

我が家の場合、洗面の蛇口から届いたので、助かりました。

しかも、おてんとくん。が率先して手伝ってくれた。ありがたや~!!

お湯を入れながら、おてんとさん。オキシクリーンをスプーンで30杯投入。

10ℓに対して100g。我が家の洗濯機は82ℓなので800g。

スプーン一杯、28gなので単純に、ちょっと多めに計算して、30杯にしました。

(オキシクリーン アメリカ版はまた違うようなので確認してくださいね。)
30杯ってなかなかの量ですが、ここでケチってはいけません。

オキシクリーンは、温度と量が重要!!

洗濯機にお湯がいっぱいになったら、蓋をして洗濯機を5分ほど回します。

ここから、汚い画像が出てきますので苦手な方はご遠慮ください。

どっひゃー!!まだ入れて数分まわしただけで、こちらの汚れ具合( ;∀;)

浮いてくるものを網でキャッチし除去。

そして、蓋をして一時間放置します。

洗濯放置後、再び、洗濯モードで10分ほど回します。そして、またすくう。を繰り返しました。

この丸い物体はなんだ?と思いましたが、内側の洗濯槽の穴が◯になっている。

洗濯槽の裏側についている汚れが想像つきました(´゚д゚`)

この作業を繰り返し、6時間後。

黒いピロピロも、あまり出てこなくなったので、ここで水を流します。

そして、普通モードで洗濯機を回しました。

おっ、スッキリ!!綺麗になった気がする(≧▽≦)

わかります?先ほどの丸い黒いピロピロの意味。

途中、臨機応変に、やかんで沸かしたお湯を加えながら、オキシクリーンを少し足したり、

洗濯機を15分くらい回してみたりしました。

洗濯機の水が抜けてしまわないか、ドキドキしながら行っていたのですが、放置中、電源が自動的にオフになってしまって再び、電源を入れなおしても水は抜けませんでした。

洗濯機を回すとき、水が少し足されるの。なので、少し熱めにお湯をいれておくのも良いかもしれません。熱すぎても洗濯槽に負担がかかるので臨機応変に。

また、必ず、洗いモードのみを選択。すすぎと脱水はしないように!!

以上、おてんとさん。洗濯槽掃除、実況でございました。

みなさまも、ぜひ、やってみてくださいね。

注意 オキシクリーンのアメリカ版は泡がスゴイらしいので、泡が溢れ出ちゃわないかと気を揉んでしまいそうなので、アメリカ版じゃない方が洗濯槽の掃除にはむいているかもしれません。

また、酸素系のものは洗濯機に使わないでくださいという表記をしているものもあるので、自己責任のもと行ってみてくださいね。

いろいろ調べて得た知識。塩素系は汚れを溶かす。

酸素系は、汚れを浮かせ剥がす。なので、黒いピロピロは出来るかぎりすくいましょう。

洗濯槽の中に戻っていかないように。

おてんとさん。が実際やってみて感じたことです。

ではでは、お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました