フードプロセッサーでサツマイモのとろ甘スープ作り

お料理

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。どうも、おてんとさんです。

今日は、私にとって特別な日。朝からホッコリした気分になりました(‘ω’)ノ

さてさて、本日は娘からリクエストを頂いた、サツマイモのスープを作ります。

材料は、サツマイモ3本、バター30g、玉ねぎ1個、塩 少々、水、牛乳です。

玉ねぎをスライスしてバターで炒めます。しんなりしてきたら、皮をむいて、適当に切ったサツマイモを投入し、サツマイモが浸るくらいの水を入れて火にかけます。

サツマイモに火が入り冷めたら、

スープ作りには欠かせない、ハンディ-ブレンダーで,とろとろに・・・。

のハズが”(-“”-)”。やってしまいました。サツマイモのように、もったりと重いものをやってしまったせいでバッテリーが故障。ブレンダーが、うんとも、スンとも言わなくなりました。オーマイガー!( 一一)

よく見ると、ちゃんと注意書きが。

固い材料や粘りの強い材料には使用しないでくださいと・・・。

はい、わたくし、まさしく、粘りの強い固めの食材に使用してました( ;∀;)。自業自得です。申し訳ありません・・・。

ひそかに、このブレンダー、故障したの三回目。二回は直して戻ってきたのですが、さすがに、もう修理する気になれず・・・。どうしようと途方にくれている母さん、ひらめいた。

我が家にはもう一つあるじゃないですか!!!

じゃーん!!フードプロセッサーです。

フードプロセッサーは野菜をみじん切りにするものだと思っていませんか?はい、私は、そう思っていました(^^ゞ

が、しかし、こちら、鶏むね肉をミンチにしてくれたり、そうです!スープまで作れます。

ゴロゴロしていた、もったりしたサツマイモもも、何のその!!

ペースト状にしてくれました(≧▽≦)

このままでも美味しい、さつまいもペースト。これに牛乳、塩、コクをだすバターを加えて、味を調えます。

添加物、一切入っていない、サツマイモのスープの完成です(*’ω’*)

自然の甘みで、とっても好評でした!!

今回、活躍してくれたプロセッサーは、

山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT マスターカット MB-MM22

ジュース用って書いてある( ゚Д゚)

でも、我が家では、野菜のみじん切り、お肉をミンチに、スープ作りに大活躍してくれています。

プッシュボタンが少し、華奢ですが、問題なく稼働してくれています。

一家に一台。フードプロセッサーは重宝しますよ(*’ω’*)

以上、ハプニングからの救世主のご紹介でした。

みなさまも、お試しあれ~。

商品の説明■食材処理を極める無段階スピード調節■DCモーターが生み出す静音性■「きざむ」「する」「まぜる」「くだく」「あわだてる」「こねる」(ブレード)「おろす」(グレーター)の1台7役

マルチな仕事

MICHIBA KITCHEN PRODUCT

様々な食材に対応する形状の多目的ブレードは表面に特殊加工を施し
抜群の防錆性能を実現。すりおろしにはグレーターを。
わずらわしいアタッチメントの付け替えの必要もない


一般的にフードプロセッサーで禁止材料となっている「液体」「粘性のある食材」(山芋・自然薯・納豆等)、
「固い食材」(氷・冷凍果物・コーヒー豆・ハードチーズ等)の処理にも利用可能。

1台7役 マルチ調理

MICHIBA KITCHEN PRODUCT

●きざむ/する/まぜる/くだく/あわだてる/こねる(ブレード)/おろす(グレーター)の1台7役

無段階調整できる マルチな速度

MICHIBA KITCHEN PRODUCT

「力強く砕く」から「優しく練る」まで思いのままに調整!

低速800回転から高速3000回転/分までを無段階調節可能。
低速で肉の粗挽きを。高速で滑らかなスープを。
パンやパスタの生地なら具合を見ながらこねる速度も思いのまま。

DCモーター

MICHIBA KITCHEN PRODUCT
力強い低速を実現する世界品質DCモーター

世界レベルの技術が活かされた高性能DCモーターを搭載。
ハイスピード&パワフルに氷を砕くのも、低速で力強く
生地を練るのも思いのままに。

ダイレクトドライブ

ダイレクトドライブ方式を採用。モーターの繊細な速度の変化やパワーを
そのままブレードに伝える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました