リズム時計工業、セイコークロック デジタル電波時計比較

何でもレビュー

こんにちは、こんばんは、おはようございます。どうも、おてんとくんです。

正確な時間が知りたい人には必需品

デジタル電波置時計を2種類購入したので比較してみます。

我が家では、時間を知ること以外に重要なこととして

温度計と湿度計がついているか?

この付加価値がないと購入条件になりません。(アナログの壁掛け時計はおおよその時間を知るため設置済みです)

何故、温度計と湿度計にこだわるのかというと、家の中で快適に過ごす為です。湿度が70%を超えるとカビが発生しやすくなります。

よって、カビだらけになったあるものを徹底的に綺麗にしました。

セイコークロックレビュー

・電波時計の為時間が正確

・カレンダー表示

・温度湿度表示

・快適度を6段階で表示

・バックライト

・アラーム

・液晶が大きく前面にボタンがない為スッキリ

・購入時の価格1847円

リズム時計工業レビュー

・電波時計の為時間が正確

・カレンダー表示

・六曜表示(大安など吉凶が確認できる)

・温度湿度表示

・バックライト

・コンパクト

・アラーム

・操作ボタンが前面にあるので設定操作はしやすい

・購入時879円

リズム時計工業、セイコークロック どっちが買いか?

温度計、湿度計の精度は互角。

見やすさでは、セイコー。ボタンが前面になくスッキリしている。

価格は倍ほど違いリズムはコスパが良い。

質感はセイコー、塗装がパールホワイト。リズムはただの白。長年使うと黄ばみそう。

六曜表示があると意外と便利(リズム)。

快適度6段階は個人的にはなくても良い(セイコー)。

アラーム時間を頻繁に変える人は操作性が良いリズム。

以上の点を考察し、買うならどっち?

コスパ最高リズム時計工業のデジタル電波時計となりました。

ということで、ポチっと2個目を購入しました。

そして、

次購入してみたい温度湿度計は、こちら

 
メーカーより転載

SwitchBot(スイッチボット):スマートホーム化できる簡単スイッチ。SwitchBot温湿度計とは、お家の状態を外出先から確認できるスマートなデジタル温湿度計です。SwitchBotシリーズ製品と連携して、さらに拡張性を広げます。

簡単に温度・湿度を確認できる

簡単に温度・湿度を確認

デジタル温湿度計本体LED画面には、温度・湿度の数値が大きくはっきり表示されます。SwitchBotアプリに入り、「デバイスの追加」から15秒ほどセットアップ完了され、温湿度をワイヤレスに確認できます。据え置きだけではなく、3Mマグネットシートで冷蔵庫などにもしっかり貼り付けられます。爬虫類・水槽水族館・ペット・観葉植物・楽器・ワインセラーの管理にお役に立ちます。アプリからアラーム通知を受信、お家を守る

アプリからアラーム通知を受信し、お家を守る

ご設定した温度・湿度の範囲により、異常が発生したらBluetooth経由でアラーム通信が届きます。SwitchBotハブプラス/ハブミニと組み合わせば、いつでも、どこでもアラーム通知を受信できます。これにより、梅雨時期の除湿や冬場の乾燥対策を行う際には調整の目安となります。例えば、湿度異常アラームが出たら、速やかに加湿するなど対策を行いましょう。

※Bluetoothの通信距離は見通しの良い場所で最大120メートルです。

※Android端末の場合は、別売りのSwitchBotハブプラス/ハブミニが必要です。高精度信頼できるスイス製センサーを搭載

高精度信頼できるスイス製センサーを搭載

SwitchBot温湿度計はスイス製温湿度センサーを搭載しており、高精度で信頼性の高い温湿度測定を実現し、より正確な温度や湿度を管理できます。4秒ごとにデータを更新し、感度と精度両方とも優れています。楽器・葉巻ケース・ワインセラー・ペットや観葉植物の管理にもお役に立ちます。

技術仕様:

  • 温度範囲:-20°C~80°C
  • 温度精度:±0.4°C(-20°C~0°Cにおいて)
  • 温度精度:±0.2°C(0°C~65°Cにおいて)
  • 温度精度:±0.3°C(65°C~80°Cにおいて)
  • 湿度範囲:0~99%RH
  • 湿度精度:±2%(25°C、10%~90%RHにおいて)
  • 湿度精度:±4%(25°C、0%~10%, 90%~99%RHにおいて)

メモリ機能対応、ご家庭の状態を予測できる

メモリ機能対応、ご家庭の状態を予測

温湿度計本体は最新の過去36日間のデータが保存されています。アプリから履歴データを開くと、Bluetooth経由でデータを転送します。もし弊社のハブプラス/ハブミニと提携すれば、温湿度計はWi-Fi経由でペアリングされた時から今までのデータ記録がすべて無期限に保存されています。また、アプリから履歴データ図の一番下側「データをエクスポート」をクリックして、自動生成されたレポートを取り出し、データの転送やダウンロードなどができ、CSVファイル形式で保存されます。

※Bluetoothの通信距離は見通しの良い場所で最大120メートルです。スイッチボットハブと併用して温湿度計を活用

スイッチボットハブと併用して温湿度計を活用

SwitchBotハブプラス/ハブミニと提携すれば、温度や湿度に応じて、エアコン・除湿器などの家電を自動制御できます。例えば、SwitchBotアプリの中、「シーン」に予め設定しており、部屋の温度が30度に超えたら、エアコンが自動的にオンにします。

また、Echo Show・Echo Dot などのEcho シリーズ製品、Nest Hub Max・Next Mini・Google Home などのGoogle Nest 製品、HomePodと連携して、声かけでお部屋の温・湿度を確認しましょう。IFTTTとの連携も色々活用できるので、ぜひお試しください。

※アレクサの技術制限でAlexaデバイスは温度しか音声操作対応できないことを予めご了承ください。

面白そう。

でわでわ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました